アイラップで作る、鳥もも肉の立川もとだれ煮

いらっしゃいませ!AO’s CAFEへようこそー!

麺つゆの味比べが好きな、つちだあおです。

今のところの1番のお気に入りは、東京都立川市にある、『石坂商店のもとだれ』です♡

↓通販もあるそうです。↓

https://www.motodare.co.jp/motodare.html

今日は、その『石坂商店のもとだれ』を使ったメニューです!!

以前、『鳥胸肉本』を作ったときにも同じことをやりましたが、

鳥もも肉で作ると全然違うことに気づきました!!

鳥もも肉で作ると、照り焼きみたいで本当に美味しい♡

『石坂商店のもとだれ』が手に入らない場合は、

4倍濃縮程度の濃さの麺つゆを使ってみることをお勧めします♪

濃い方が、照り焼き感が出ます(試しに3倍濃縮の麺つゆで同じように作ったら水っぽかった…)

それでは、レシピです!


【アイラップで作る、鳥もも肉の立川もとだれ煮】

↓材料↓2〜3人分

鳥もも肉(350g程度)1枚、もとだれ(もしくは4倍濃縮程度の麺つゆ)大さじ3

↓鳥もも肉ともとだれをアイラップの中に入れ、空気を抜きながら、袋を結びます。↓

↓土鍋にアイラップとアイラップがひたひたになる程度の量の水を入れ、蓋をし、火にかけます。沸騰してから加熱5分、湯が冷めるまで放置します。↓

↓湯が冷めたらアイラップを取り出し、袋の両端をキッチンバサミで切ります。↓

↓肉を食べやすい大きさに切り、お皿に盛り付けたら完成です!↓

鳥もも肉から出る脂ともとだれが合わさり、照り焼きを食べているかのような錯覚を覚えます。

つゆを残しておき、冷蔵庫で冷やすと、とっても美味しい『煮こごり』になります♡

この煮こごりを翌日の朝に温泉卵とともにご飯に乗せて食べると…

たまらない、美味しさでした♡

幸せでした♡

もとだれ自体は、5倍濃縮程度の濃さのタレだそうです。

なので、すごく長持ちします。

夏は、もとだれをそうめんや蕎麦つゆにしたいと思っています♪


それでは、本日もご来店いただき、ありがとうございましたー!

またのお越しをお待ちしておりますー!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)