アイラップで作るたまごサンドのたまごのお話

この記事の要約

  • 耐熱可能なポリ袋『アイラップ』を使えば、たまごサンドのたまごが簡単できる!
  • 味玉を作ってから、潰す方法もあり!
  • 味のバリエーションは無限大!

 

こんにちはー!ゆず胡椒研究家のあおさん(@ZhiZu3)ですー!

 

今日は、『アイラップで作るたまごサンドのたまごのお話』というテーマで記事を書きます!

  

 

『たまごのサンドのたまご』とは、ゆで卵を潰して、マヨネーズなどの調理料で和えた、あのたまごのことです。

 

私、耐熱可能なポリ袋『アイラップ』を使用するようになってからは、電子レンジで作るようになりました。

 

その作り方を紹介します。

 

アイラップを使ったたまごサンドのたまごの作り方

 

 

作り方

①耐熱容器の内側にアイラップを被せ、アイラップの中にたまごを割り入れ、箸などを使って3箇所くらい黄身に穴を開けます。


注意
必ず、耐熱容器か耐熱皿を置いてください。黄身に穴を開けておくことで、破裂防止になります

 

②袋の入り口をクルクルと折りたたみ、電子レンジで加熱する(たまご1つの場合、600Wの電子レンジで50秒〜1分)。今回は2個使ったので、1分40秒程度加熱しました。

 

注意
袋は結ばず、折りたたんでくださいね。結ぶと破裂して、大変危険です。

 

③ミトンやタオル等を使い、袋の外からたまごを潰します。

 

④調理料を入れて、合わせていきます。

 

はい、これだけ!

 

めっちゃ楽ちん!

 

ゆで卵を作らなくてもできてしまうので、圧倒的な時短になります♪

 

 

 

電子レンジでも、味付けの変化をつけることができますが、

 

変わった味付けにしたい場合は、アイラップに入れて調味料と一緒に漬けたゆで卵をそのまま潰し、最後に仕上げの味付けをすることが、私的にはおススメです!

 

次に説明していきます。

 

味玉を作って潰すとしっかり味のたまごになる!


 

ポリ袋(アイラップ)で味玉を作り、そのまま潰して、たまごサンドのたまごにすることもできるんです!

 

後から味をつけるよりもしっかり味がつくので、おすすめです。

 

↓こちらは、明日の記事用に作った味噌漬けたまご↓

 

 

↓味噌は、ナカモの『つけてみそかけてみそ』を使いました♪↓

 

袋の外から潰すだけで、たまごサンドのたまごが完成します!

 

この方法ですと、前日に仕込み、当日は袋の外から潰し、味を整えるだけで済みます♪

 

 

ちなみに、味噌だけではなく、 

 

  • 柚子胡椒+麺つゆで、柚子胡椒漬け
  • 麺つゆ+カレー粉で、カレー漬け
  • 塩麹で、塩麹漬け
  • 麺つゆで、麺つゆ漬け

 

などなど、多くのバリエーションを楽しむことができます。

  

そのまま食べたあとに、潰してたまごサンドのたまごにすることもおすすめです。

 

色々なバリエーションをお試しください。

 

アイラップを使ったたまごサンドのたまごは色々使える!

アイラップを使って作ったたまごサンドのたまごは、サンドイッチ意外にも使うことができます。

 

おすすめは、タルタルソース。

 

あっという間にできてしまうので、めっちゃ時短になりますよ。

 

↓記事はこちら↓

 

是非是非、お試しくださいませ♪

 

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)