生姜と唐辛子で身体ポカポカに!柚子胡椒と岩下の新生姜を使ったレシピ3選

この記事の要約

  • 柚子胡椒と岩下の新生姜を使ったレシピを3選ご紹介!
  • 柚子胡椒と岩下の新生姜は相性のよい組み合わせ!
  • 生姜と唐辛子の組み合わせで身体が温まる!

 

こんにちはー!ゆず胡椒研究家のあおさん(@ZhiZu3)ですー!

 

今日は、柚子胡椒と岩下の新生姜を使ったレシピを3選ご紹介します!

 

まあ、Twitterで公開してきたものの、まとめです。

 

ひとつは未公開のものです(公開するのを忘れていました)。

 

どれもおいしくて、身体がポカポカになること間違いなしのレシピです♪

 

早速、レシピをご紹介します!

 

岩下の新生姜と柚子胡椒を使ったおすすめレシピ

1.岩下の新生姜と柚子胡椒を使った辛ウマおにぎり

 

材料(2〜3個分)

ごはん1合分、天かす大さじ1.5くらい、鶏がらスープの素小さじ0.5〜、柚子胡椒小さじ1/2〜、岩下の新生姜1本〜

 

作り方は、ごはんに天かす、鶏がらスープの素、柚子胡椒、刻んだ岩下の新生姜(キッチンバサミで刻みながら入れると楽)を混ぜて、好きな形に握るだけ!

 

 

ゆず胡椒研究家あおさん

以前紹介した、柚子胡椒×天かすおにぎりのアレンジです♪岩下の新生姜の辛味と歯応えがアクセントになります!食べ応えもありますよ。

 


2.身体がポカポカに!豚肉と白菜の柚子こしょう焼うどん〜岩下の新生姜のせ〜

 

材料(2人分)

うどん2玉(茹ででも冷凍でも◎)、豚こま切れ肉100g、白菜2〜3枚、★醤油大さじ1、★料理酒大さじ1、★柚子胡椒小さじ1/2〜、岩下の新生姜1本〜

 

作り方

①材料です。白菜は洗って2cm幅くらいに、豚こま切れ肉は食べやすい大きさに切ります。

 

②★の醤油、料理酒、柚子胡椒を混ぜ合わせておきます。

 

③フライパンを火にかけ、サラダ油(分量外)を熱し、豚肉→白菜の順に入れて炒めます。

 

④豚肉の色が変わり、白菜がしんなりしたら、うどんを投入します。

 

MEMO
冷凍うどんを使う場合は、あらかじめ下茹でか電子レンジで加熱しておいてください。

 

⑤白菜から出る水分を使い、うどんをほぐしていきます。全体がなじんだら強火にし、②を入れて10秒以内に素早く混ぜます。

 

MEMO
強火でさっと炒めることで、柚子胡椒の辛味と香りが逃げなくなります。

 

⑥器に盛り付けて、キッチンバサミを使って岩下の新生姜を刻みながら乗せます。

 

完成です!

 

岩下の新生姜と一緒に食べると、めちゃくちゃおいしいです!おつまみにもおすすめです!

 

ゆず胡椒研究家あおさん

結構辛めな焼うどんです。ひと口食べた途端、身体が熱くなります。岩下の新生姜を乗せることで、身体のポカポカが長く続きますよ♪(これについては後術)

 

3.おつまみにおすすめ!岩下の新生姜と柚子胡椒を使ったスパイシーポテトサラダ

 

材料(たっぷり2人分)

じゃがいも中2個、岩下の新生姜2本、岩下の新生姜の漬け汁小さじ2、ツナ缶1缶、マヨネーズ大さじ1、柚子胡椒小さじ1

 

作り方

①じゃがいも2個を水で洗い、水気がついたまま耐熱ボウル(耐熱容器や耐熱皿でも◎)に入れる。

 

②サランラップをかけて、600Wの電子レンジで5分加熱します。加熱後、箸がすーっと通ればオッケー!

 

③じゃがいもが熱いうちに、皮をむきます。キッチンペーパーで包みながら皮をむくと少しはマシですが、かなり熱いので火傷にはお気をつけください。

 

④皮をむいたじゃがいもをボウルに入れ、熱いうちにつぶします。

 

⑤お好みの状態につぶせたら、岩下の新生姜の漬け汁を小さじ2入れ、混ぜます。

 

MEMO
あらかじめ、岩下の新生姜を保存容器に入れておくと、使いやすいです。

 

⑥軽く油分を切ったツナ缶、岩下の新生姜をキッチンバサミで刻みながら入れます。

 

⑦マヨネーズ、柚子胡椒を入れ、混ぜます。

 

器に盛り付けて、完成です!

 

ゆず胡椒研究家あおさん

ピリ辛だけどまろやかな、おつまみポテトサラダです。あらかじめ、岩下の新生姜をじゃがいもに和えておくことで、味がまとまります。

 

このレシピは、YouTubeに動画を載せています。

 

 

岩下の新生姜と柚子胡椒は味も効能も相性ばっちりな組み合わせ!

 

柚子胡椒と酢は、『柚子胡椒酢』という商品が販売されているくらい、とても相性な組み合わせです。

 

おそらくですが、

 

  • 柚子胡椒に含まれる柚子皮が酸味を含むため、酢の酸味となじむ(レモン汁も同様の理由で合います)。
  • 柚子胡椒の塩分が半減され、塩味がまろやかになる。

 

この2点が、柚子胡椒と酢が合う理由ではないかと思います。

 

岩下の新生姜は、大雑把にいえば生姜を酢漬けにした商品です。

 

そのため、合うのではないかと個人的には思っています。

 

ただし、生姜も柚子胡椒に含まれる柚子皮と唐辛子は、刺激物同士の組み合わせですので、そのまま合わせるのはおすすめしません。

 

今回ご紹介したように、料理に合わせていただくことで、程よく中和されます。

 

 

そして、生姜と柚子胡椒に含まれる唐辛子は、身体を温めてくれる作用を持ちます。

 

薬膳でいうと、生姜は温性の性質をもつ食材、唐辛子は熱性の性質を持つ食材です。

 

熱性と温性をかんたんにまとめますと、

 

  • 熱性=身体を温める作用が強く、身体の冷えを取り除く作用がある。ただし、持続はしない。
  • 温性=熱性と同じく、身体を温める作用があるが、作用は穏やか。持続性もある。

 

これを生姜と唐辛子に当てはめると、

 

唐辛子で一気に身体を温め、生姜の作用で温める作用を持続させる。

 

身体をポカポカにするので、寒い時期におすすめな組み合わせです!

 

そういえば、カレーにも生姜と唐辛子を使いますから、理にかなった組み合わせなのでしょうね。

 

 

もう一点、柚子胡椒には塩=ナトリウムが含まれます。

 

柚子胡椒に含まれる唐辛子にもナトリウムを排出する『カリウム』が含まれますが、生姜にもカリウムが多く含まれます。

 

そのため、塩分過多になりにくい組み合わせなのかなと思います。

 

 

岩下の新生姜と柚子胡椒を合わせて冷え知らずに!

味の組み合わせだけでなく、効能的にも相性のよい、岩下の新生姜と柚子胡椒の組み合わせ。

 

寒くなるこれからの時期にとってもおすすめな組み合わせです!

 

料理に岩下の新生姜と柚子胡椒を使い、冷え知らずの身体にしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)