赤柚子胡椒の作り方〜おすすめな使い方もご紹介!〜

この記事の要約

  • 赤柚子胡椒の作り方をご紹介!
  • 赤柚子胡椒は加熱料理におすすめ!
  • 肉料理との相性が特によく、〇〇につけるのがおすすめ!

 

こんにちはー!ゆず胡椒研究家のあおさん(@ZhiZu3)ですー!

 

今日は、赤柚子胡椒の作り方と使い方をご紹介していきます♪

 

赤柚子胡椒とは、黄柚子の皮・赤唐辛子・塩で作られた、柚子胡椒です。

 

黄柚子は11月から2月くらいにかけて入手でき、生の赤唐辛子もほぼ同時期くらいに入手することができます。

 

唐辛子の辛味は健在で、黄柚子の華やかな香りがたまらない柚子胡椒が、赤柚子胡椒です。

 

市販品もおいしいですが、手作りするとめちゃくちゃおいしいですので、是非ともお試ししていただきたいです。

 

赤柚子胡椒の作り方

まずは、材料と作り方をご紹介します。

  

赤柚子胡椒作りの材料と必要なもの

 

材料は、黄柚子の皮・赤唐辛子・塩のみです。

 

今回、冷凍しておいた黄柚子皮を使いました(黄柚子の皮を薄くむき、保存袋に入れて冷凍しておくと1年くらい使えるのでおすすめですよ♪)

 

赤唐辛子は、乾燥ではなく、生のものを使ってください!

 

私は、近所のスーパー(ちなみにLIFE)で運よく入手できました。

 

必要物品は、ビニール手袋・すり鉢とすりこぎ(フードプロセッサーで代用可能)・キッチンバサミ(包丁と生板で代用可能)・測り・煮沸消毒しておいた保存瓶です。

 

特に、ビニール手袋はマストです!!!

 

唐辛子を素手で触ると、痛みが出て、最悪皮膚を炒めてしまいます…。

 

唐辛子を処理するときに、唐辛子の汁が飛ぶので、メガネやマスクをしておくのもおすすめします。

 

赤柚子胡椒の作り方

ここからは作り方をご紹介していきます。

 

分量ですが、黄柚子皮と赤唐辛子は1:1もしくは黄柚子皮が少し多めがおすすめです。

 

塩は、黄柚子皮と赤唐辛子の分量を足した20%の量を使います。

 

塩は保存に必要ですので、少なくするのはおすすめしません。

 

 

赤唐辛子を水でよく洗い、キッチンペーパーを使って水気をしっかり拭きます。

 

とってもツヤツヤな赤唐辛子です。今回は4本(約15g)使いました。

 

MEMO
唐辛子は肉厚なものを使うと、おいしく仕上がります。

 

ビニール手袋をし、赤唐辛子を刻んでいきます。

 

ヘタをとり、縦半分に切ります。

 

中の種をきれいに取り除きます。

 

MEMO
唐辛子の種類にもよりますが、唐辛子のい種はとっても辛いですので、きれいに取りのぞいてお具ことをおすすめします。

 

こんな感じで取り除きました。

 

次に、細かく刻んでいきます。

 

MEMO
刻んだ赤唐辛子は、そのまますり鉢に入れていくと効率がいいです。

 

少し粗めになりましたが、後ほど潰すのが大変なので、もっと細かく刻むことをおすすめします。

 

 

次に、黄柚子の皮を刻んでいきます。

 

今回は、薄く皮をむいて冷凍しておいた黄柚子皮を使いました。

 

生の黄柚子皮を使う場合は、表面を水でよく洗い、キッチンペーパーで水気をふき、薄く皮をむいてください。

 

青柚子とは違い、中の白い部分が少し入っても苦味は出にくいです。

 

 

それでは、黄柚子の皮を刻んでいきましょう。

 

こんな感じに切りました。

 

MEMO
黄柚子皮は少し粗めに切っておくと、食感と香りを大いに楽しめますよ♪

 

それでは、塩を入れて、すりつぶしていきます。

 

フードプロセッサーがあると、とっても楽にできます。

 

5分ほど頑張ってすりつぶし、いい感じに馴染んできました。

 

煮沸消毒しておいた保存瓶に入れて、完成です!

 

冷蔵では1ヶ月程度、冷凍保存では1年程度もちます。

 

冷凍保存の場合は、ジップロックなど厚手の冷凍保存袋に入れて保存することもできますよ。

 

 

手作り赤柚子胡椒のお味は?

 

市販の赤柚子胡椒と比べると、黄柚子の華やかな香りがとっても強く感じられるのが、手作り赤柚子胡椒です。

 

香りがいいだけでなく、唐辛子の辛味も健在です。

 

しっかり、辛いです。

 

手作りすることによって、黄柚子皮の香りがよく、みずみずしい赤柚子胡椒を作ることができますよ。

 

肝心の使い方を次項でご紹介していきます♪

 

赤柚子胡椒のおすすめな使い方

 

赤柚子胡椒は、青柚子胡椒と同様に薬味として使っていただいてもおいしく食べることができます。

 

みずみずしい黄柚子の香りを、存分に楽しむことができます。

 

私がおすすめする、赤柚子胡椒のおすすめな使い方は、加熱料理に使うことです。

 

赤柚子胡椒は、完熟した赤唐辛子と黄柚子皮を使って作られます。

 

赤唐辛子は青唐辛子が熟したもの、黄柚子は青柚子が熟したものです。

 

加熱することで、赤唐辛子の辛味が増し、黄柚子の香りが強くなります。

 

ちなみに、青柚子胡椒は熟していない青唐辛子と青柚子皮を使うので、加熱すると香りと辛味が半減してしまいます。

 

炒め物などの加熱料理には、赤柚子胡椒を使うことがおすすめです!

 

おすすめ料理をまとめます。

 

  • 焼きそばや焼うどん
  • 麻婆豆腐(豆板醤の代わり)
  • チーズタッカルビ(コチュジャンの代わり)
  • 辛味噌鍋

 

 

加熱料理以外にも、もう一つおすすめな組み合わせがあります。

 

それは、『馬刺し』です。

 

特に赤身部分が相性よく、薬味として使うことで、馬刺しの旨味を引き出してくれます。

 

馬刺しの旨味を引き出してくれるのは、おそらく『塩』による効果です。

 

塩は動物性タンパク質の旨味を引き出してくれる作用があります。

 

この作用+黄柚子の香りで、馬刺しの旨味を引き出し、おいしくするものだと思われます。

 

是非とも、お試しください!

 

過去に紹介した赤柚子胡椒を使ったレシピ

  

赤柚子胡椒作りのYouTube動画はこちら

YouTubeにて、赤柚子胡椒作りの動画を作成しました。

 

滑舌悪いですが…ご覧いただけると嬉しいです♪

 

 

手作りならではのおいしさを味わえる赤柚子胡椒を是非自作してみて!

手作りの青柚子胡椒はもちろんおいしいですが、赤柚子胡椒も負けじとおいしいです。

 

青柚子胡椒とは違った味、使い方があり、存分に堪能することができますよ。

 

黄柚子と赤唐辛子が入手できたら、是非作ってみてください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)