後味さっぱり!サバのゆずこしょう焼き

ゆず胡椒研究家
あおさん
ゆず胡椒研究家 あおさん

みてくださり、ありがとうございます!ゆず胡椒研究家のあおさんです。


今日は、サバのゆずこしょう焼きをご紹介します!


漬け込む時間は短いですが、柚子胡椒を使うことで味がバッチリ決まり、ごはんに合う一品になります。


柚子胡椒を使うことで、サバの臭みがへり、後味さっぱりになります。


朝ごはんのおかずはもちろん、昼ごはんや夕ごはんにもおすすめです。


サバ以外にも、ブリや肉類なのでもアレンジできます。


それでは、材料と作り方をご紹介していきます。



サバのゆずこしょう焼き



材料(2人分)

・生サバの切り身 2切れ (ゴマサバでもマサバでもなんでも◎)

・塩麹 小さじ2

・柚子胡椒 小さじ1


作り方

塩麹と柚子胡椒を混ぜ合わせる。
混ぜ合わせたものを、生サバの両面に塗る。
ラップでパックをし、10分置く。
ゆず胡椒研究家
あおさん
ゆず胡椒研究家 あおさん

冬場は常温でも大丈夫ですが、梅雨時や夏場は冷蔵庫に入れたほうがよいです。

フライパンにホイルシートを敷き、サバの皮面から焼いていく。焦げやすいので、火加減は弱火。


ゆず胡椒研究家
あおさん
ゆず胡椒研究家 あおさん

焦げていますが、多少は気にしない。

裏面を焼くときは、蓋をすると火の通りが早くなります。火加減は、弱火です。


しっかり火が通ったら、お皿に盛り付け、完成です!


ゆず胡椒研究家
あおさん
ゆず胡椒研究家 あおさん

10分程度しか漬け込まないですが、しっかり味付けされています。柚子胡椒がいい!

次に、レシピのポイントをご紹介します。


レシピのポイント

漬け込む時間と火加減がポイントです。


漬け込む時間を多少長くするのは問題ないですが、長すぎると柚子胡椒の香りがなくなります。


10分でしっかり味がつくので、柚子胡椒の存在を残すためにも、10分程度がよいでしょう。


また、塩麹を使っているため、めちゃくちゃ焦げやすいです。


弱火でじっくり加熱しましょう。


ホイルシートは、これを使っています。

本当にくっつかないので、おすすめです。


洗い物が少なくなるのも、嬉しいです。



サバのゆずこしょう焼きにおすすめな柚子胡椒

柚子皮を強く感じられる柚子胡椒の方が合います。


柚子皮の香りが、サバの臭みを減らしてくれ、さらにおいしくなります。


ブログ撮影のときは、柚子屋の柚子胡椒を使いました。



柚子の香りがよく、柔らかいペースト状なので、調味料とも混ざりやすいです。


薬味はもちろんですが、料理に使いやすい柚子胡椒です。


Amazonランキングでで常に上位に位置しているのも、納得です。




川津食品の粒柚子胡椒も柚子皮の食感を感じることができ、おすすめです。




おすすめ柚子胡椒は、YouTubeでもご紹介しております。


どんな柚子胡椒があるのだろう?と興味のある方は、是非ご覧いただけると嬉しいです。




ゆず胡椒研究家
あおさん
ゆず胡椒研究家 あおさん

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)