キャベツときゅうりの柚子胡椒浅漬け

ゆず胡椒研究家
あおさん
ゆず胡椒研究家 あおさん

みてくださり、ありがとうございます!ゆず胡椒研究家のあおさんです。


今日は、キャベツときゅうりの柚子胡椒浅漬けをご紹介します。


切ってもみ込むだけなので、5分あればできます。


あと一品が欲しいときや、即席おつまみにもおすすめです。


もちろん、キャベツだけ、きゅうりだけでも、おいしくできますよ。


是非とも、お試しください!


キャベツときゅうりの柚子胡椒浅漬け


材料(2人分くらい)

・きゅうり 1本(約100グラム)

・キャベツ 100グラム

・塩 小さじ1/2

・昆布茶 小さじ1〜2

・お酢 小さじ1

・柚子胡椒 小さじ1/2〜


作り方 ⏰5分

きゅうり1本(約100グラム)を水で洗い、塩小さじ1/2をふって、板ずりする。


板ずりすることで、きゅうりの表面がツルツルになります。

両端を切り落とし、厚さ5ミリくらいの斜め切りに切る。
キャベツ100グラムを水で洗い、ざく切りに切る。芯は薄く切る。
ポリ袋の中に、きゅうりとキャベツを入れる。
昆布茶小さじ1〜2、お酢小さじ1、柚子胡椒小さじ1/2〜を入れる。
ゆず胡椒研究家
あおさん
ゆず胡椒研究家 あおさん

昆布茶の量は、小さじ1で薄め、小さじ2でしっかり目になります。柚子胡椒と同様、お好みで調整してください。

しんなりするまで、袋の外からしっかりもみこむ。
すぐにたべれますが、袋を結んで冷蔵庫に入れて冷やすと、さらにおいしくなります。


ごはんにも合い、おつまみにもおすすめです。



おいしく作るポイントは水分多めなペーストタイプの柚子胡椒を使うこと!

柚子胡椒で漬物を作るときにあるあるな話ですが、硬めのペーストタイプの柚子胡椒を使うと、馴染みにくいです。


ゆず胡椒研究家あおさん
ゆず胡椒研究家あおさん

ドレッシングやソースを作るときも同じです。


しっかり揉み込んでも、なかなかなじんでくれないのですよね。

柚子胡椒を使った浅漬けをおいしく作るポイントは、水分多めのペーストタイプの柚子胡椒を使うことです。


水分多めのペーストタイプの柚子胡椒を使うことで、他の調味料とも馴染みやすくなります。


そして、食材にもしっかり絡んでくれます。


今回は、高知県北川村のゆずごしょうを使ってます



塩味が控えめで、柚子感が強い柚子胡椒です。


使い切りやすいサイズなのも、おすすめです!


楽天で購入することができます。



Amazonで購入できるものですと、山口・柚子屋さんの柚子胡椒がダントツでおすすめです!



こちらも柚子感が強く、塩味がキツくない、まろやかな柚子胡椒です。


浅漬けに使うと、めちゃくちゃおいしくなりますよ。



ゆず胡椒研究家
あおさん
ゆず胡椒研究家 あおさん

料理によって使う柚子胡椒を変えることで、料理が一段とおいしくなりますよ。


柚子胡椒浅漬けは野菜を変えてアレンジできます

今回は、残っていたキャベツときゅうりを使いましたが、


  • かぶ
  • 大根(塩揉みしておくと◎)
  • なす
  • 白菜
  • 茹でたオクラ


このあたりの野菜を使っても、おいしく作ることができますよ。


アレンジもお試しいただけると嬉しいです。


ゆず胡椒研究家
あおさん
ゆず胡椒研究家 あおさん

最後までご覧いただき、ありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)