しらすと海苔の柚子胡椒バター炒飯

ゆず胡椒研究家
あおさん
ゆず胡椒研究家 あおさん

みてくださり、ありがとうございます!ゆず胡椒研究家のあおさんです。


今日は、しらすと海苔の柚子胡椒バター炒飯をご紹介します。


しらす、海苔、バターという、柚子胡椒に合う材料を使った、激ウマ炒飯です。


そして、包丁を使わないので、めちゃくちゃ楽ですw


ランチや夕食に、是非ともお試しください。


しらすと海苔の柚子胡椒バター炒飯


材料(2人分)

・ごはん 茶碗2〜3杯分

・海苔 全形1枚

・しらす 大さじ2〜

・たまご 2個

・バター 5グラム

・サラダ油 大さじ1

★醤油 小さじ1

★柚子胡椒 小さじ1/2〜

・飾りの海苔とか海苔ふりかけ(あれば)


作り方 ⏰10分

下準備:海苔は細かくちぎっておく。★の醤油と柚子胡椒を混ぜておく。たまごは溶いておく。
フライパンを火にかけ、サラダ油大さじ1を入れて熱する。熱したら、溶いたたまごを入れる。
10秒くらいたったら、温かいごはん茶碗2〜3杯、しらす大さじ2〜を入れて、強火で炒める。
全体がなじんだら、空いたスペースにバター5グラムと混ぜておいた醤油と柚子胡椒を入れて、強火でさっと炒める。
全体になじんだら、ちぎっておいた海苔を入れ、さっと炒める。
器に盛り付け、お好みで海苔や海苔ふりかけ(今回は、山磯さんのさるかに合戦使用)を散らして完成!


簡単なのに、めちゃくちゃ香りがよくて、おいしいです。



ゆず胡椒研究家
あおさん
ゆず胡椒研究家 あおさん

アレンジ例はないので、今回は省略します。


今回使用した柚子胡椒【佐賀・川原食品の柚子こしょう】

今回、佐賀・川原食品の柚子こしょうを使って作りました。



柚子胡椒の保存は、通常であれば冷蔵保存、冷凍保存をすれば1年もつといわれています。


ですが、この川原食品の柚子こしょうは、常温保存で保存ができるんです。


これは、本当にすごい。


開封してから、約2週間程度常温保存していましたが、香りも味も辛味も特段変化はなかったように思います。


そして、辛味もそれほど強いわけではなく、塩味もそれほど強いわけではない。


めちゃくちゃ、ちょうどいいです。


そして、柔らかめのペーストなので、汁物やドレッシングに使っても、しっかりなじんでくれますよ。



私は、明治屋で購入しましたが、楽天でも購入できるようです。


  • 辛味と塩味が強くない、ちょうどいい柚子胡椒がお好きな方
  • 保存が楽な柚子胡椒をお探しの方


こんな方には、おすすめです。


是非とも、お試しください。




ゆず胡椒研究家
あおさん
ゆず胡椒研究家 あおさん

最後までご覧いただき、ありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)