ゆず胡椒を入れるタイミングがポイント!ゆず胡椒雑炊

こんにちはー!ゆず胡椒研究家のあおさんです。

 

最近、オンライン飲み会が流行っているみたいですね!

 

私は夜更かし苦手なうえに、朝5時にニャンコたちに強制的に起こされるので…無縁です…。

 

そんな、オンライン飲み会で、飲み過ぎてしまう方がちらほらいらっしゃるとの声が!

 

飲み過ぎは注意ですが、飲み過ぎてしまった場合はリセットも大事!

 

そんなわけで、今日はリセット食の代表、雑炊レシピをご紹介します♪

 

 

二日酔いの朝や、軽めの食事におすすめな、雑炊レシピです。

 

柚子胡椒を最後に入れて少しだけ加熱することで、風味が逃げず、辛みが強まります!

 

柚子胡椒の辛さのおかげで、体がポカポカになりますよー!

 

ご飯を煮込まないので、さらさら仕立てなのも特徴です◎

 

最後にネギを散らして、ビタミンCを補給!柚子胡椒に含まれる、ビタミンEとの相乗効果で、抗酸化作用を高めることが期待できます。

 

今回は、辛みの強い、宮崎・日之影特産果樹振興会の『柚子ごしょう』を使用しました!

 

↓記事はこちら↓

 

加熱しても、比較的風味が抜けにくい柚子胡椒です。

 

お好きな柚子胡椒でお試しください♪

 

 

ゆず胡椒を入れるタイミングがポイント!ゆず胡椒雑炊 

材料(2人分)

ごはん茶碗2杯分(なるべく温めて)、水500cc、白だし大さじ2、小ネギ1本分くらい、海苔1/2枚(もしくはわかめ)、たまご1個、柚子胡椒小さじ1/2くらい

 

↓作り方↓
①小ネギを細かく刻み、海苔も刻むかちぎっておきます(ワカメでも可能)。とき卵を作っておきます。

 

②鍋に水を入れ、蓋をして火にかけます。

 

③沸騰したら、白だし、ごはん、海苔を入れます。

 

④再度沸騰したら、とき卵を流し入れ、10秒待ちます。

 

⑤10秒後、柚子胡椒を入れ、たまごと一緒にさっと混ぜます。

 

⑥器に盛り付け、小ネギを散らして、完成です!

 

是非是非、お試しください!

 

 

↓とってもわかりやすいYouTube動画はこちら↓

 

 


♪柚子胡椒豆知識♪

柚子胡椒に含まれる、唐辛子の辛味成分である『カプサイシン』は、43℃で活性化されるとのことです!

 

辛味を感じたい方は熱々で。

 

辛味が苦手な方は、少し冷ます工夫をすると、食べやすくなると思います。

 

お刺身など、冷たいものに柚子胡椒をつけて食べると、強い辛味を感じにくいきがします。

 

むしろ、香りのおかげで食べやすくなります。

 

そんな柚子胡椒を、色々な料理でお楽しみいただけるよう、レシピをご紹介していますので、過去記事もご覧いただけると嬉しいです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)