柚子胡椒の塩分は悪なのか?

こんにちはー!ゆず胡椒研究家のあおさんです。

 

柚子胡椒の発信をするようになって、よく言われることがあります。それは…

 

『柚子胡椒って塩分が多いから、体に悪いでしょ?』

 

確かに、塩分は過剰摂取で高血圧のリスクを高めたり、腎臓疾患につながったりと、あまりいいイメージはないですよね。

 

柚子胡椒に含まれる塩分は、柚子胡椒の保存に必要だったり、食材の旨味を引き出すなど、重要な作用があります。

 

今日は、柚子胡椒に含まれる塩分について、記事をまとめてみました!

 

 

柚子胡椒とは

柚子胡椒とは、九州地方では昔からある辛み調味料であり、『唐辛子』『柚子皮』『塩』で作られます。

 

唐辛子は辛味をもたらし、柚子皮は辛味と香りをもたらしてくれます。

 

それでは、塩の役目はなんでしょうか??

 

おそらくですが、

 

・柚子胡椒の保存作用を強めるため

・食材の旨味を引き出すため

 

この2点が、塩がもたらす役目なのかなと考えています。

 

 

純粋な『唐辛子』『柚子皮』『塩』で作られた柚子胡椒は、瓶を開栓する前であれば常温で1年程度日持ちします。

 

塩は、古くからカビ菌や細菌などの微生物によって、食材を腐敗させないために、保存目的で使われてきました。

 

塩は食材の水分を奪う性質があり、水分を奪うことで、食材を日持ちさせます。

 

 

柚子胡椒は赤や黄など色々ありますが、一般的なものは青柚子皮、青唐辛子を使います。

 

この2つが合わさる時期は、7月〜9月という、短い期間になります。

 

そのため、この時期に作り、塩を使って保存をするということが重要になります。

 

 

 

柚子胡椒に含まれる塩分量

純粋な『唐辛子』『柚子皮』『塩』で作られた柚子胡椒は、100gあたり約20gの食塩相当量が含まれています。

 

 

なので、柚子胡椒50gには約10g程度、柚子胡椒10gには約2g程度、柚子胡椒5g(約小さじ1程度)には約1gの塩分が含まれることになります。

 

ちなみに、厚生労働省による塩分摂取量の目標値は、

 

男性:7.5g未満

女性:6.5g未満

 

と記載されています。

 

 

塩分を取りすぎないようにするポイント

使いすぎない

一番はこれだと思います。

 

食材につける場合は、ほんの少しを心がけるといいかと思います。

 

 

一緒に使う調味料を工夫する

私が料理に柚子胡椒を使うときは、

 

・オリーブオイルやごま油などの食塩が含まれていない油と合わせる

・レモン汁や酢と合わせる(柚子果汁とも相性バツグンです)

・料理酒は、食塩が含まれていない日本酒を使う

・醤油と合わせる時は、だし醤油を使う

 

この4つを厳守しています。

 

 

 

 

カリウムを含む食材と一緒に食べる

塩は、ナトリウムを含んでいます。

 

ナトリウムは、カリウムとのバランスが大事であり、体の水分バランスを調整してくれます。

 

ですので、カリウムを含む食材と合わせて食べることも、塩分を排出してくれます。

 

カリウムを含む食材例

・海苔や昆布

・水菜

・イモ類

・大豆

 

ちなみに、魚や肉にもカリウムが含まれているそうです。

 

カリウムは、水に溶けやすい性質があるので、汁物がおすすめです。 

 

柚子胡椒の塩分は取り過ぎなければ悪いものではない

他の食べ物でもそうですが、塩分は取り過ぎなければ決して悪いものではありません。

 

柚子胡椒に含まれる塩分は、保存をさせるために必要だったり、食材の旨味を引き出してくれる作用があるので、とっても重要です。

 

使いすぎないよう、1日の総塩分量を気にしながら、柚子胡椒を使っていただけたらと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)