広島・瀬戸内レモンを使ってレモン胡椒を作ってみた

この記事の要約

  • レモン胡椒の作り方をご紹介
  • 残った身は冷凍保存しておくとめちゃくちゃ使える!
  • レモン胡椒は市販でも買える!

 

こんにちはー!ゆず胡椒研究家のあおさんです♪

 

今日は、瀬戸内レモンを使ったレモン胡椒の作り方をご紹介しますー!

 

実は、ずっと作ってみたかった、レモン胡椒。

 

先日、新宿駅東口広場で開催された、『ルミネアグリマルシェ』の広島ブース(?)で瀬戸内レモンをみつけ、迷わずに購入しました!

 

みつけたときは嬉しくて、こんな顔してましたw

 

結構大きめのレモンでして、1個200円で購入しました。

それでは、作り方をご紹介していきます!

  

瀬戸内レモンを使ったレモン胡椒の作り方

材料

レモンの皮(黄色でも緑でも◎国産でノンワックス・無農薬のものが望ましい)、青唐辛子、塩

 

 

作り方

①レモンの表面を水で洗い、キッチンペーパーで水気をふきとります。

 

 

②包丁を使って、レモンのヘタを取りのぞきます。

 

③おろし金を使って、レモンの皮をすりおろしていきます。量を測りながらすりおろし、すり鉢に入れると楽ですよ。

 

④皮の重さを測り、同じ分量の唐辛子を用意します。

 

⑤唐辛子の表面を水で洗い、キッチンペーパーで水気をふきとります。

 

⑥プラスチック手袋をして、唐辛子を切り、タネを取り除きます。

 

⑦唐辛子をできるだけ細かく刻み、レモンをすりおろしたものが入ったすり鉢に入れます。

 

⑧レモンの皮と唐辛子を合わせた量の20%の量の塩を入れます。今回、合わせて36gあったので、約7.2gの塩を使いました。

 

⑨すりこぎを使って、すりつぶしていきます。フードプロセッサーがあると、楽にできます!

 

お好みの状態にすりつぶし、煮沸消毒しておいた保存瓶に入れて、完成です!

 

ゆず胡椒研究家あおさん

作ってすぐに食べることができますが、翌日のほうがマイルドになっておいしいですよ♪冷蔵保存では1ヶ月、冷凍保存は1年をめどに保存可能です。

 

レモン胡椒の作り方のYouTube動画はこちら

レモン胡椒の作り方動画を、YouTubeにも公開しています!

 

こちらのほうがわかりやすいと思います^ ^

 

 

レモンの実は冷凍保存するとめちゃくちゃ使える!

皮を使ったあとのレモンの実は、冷凍保存がおすすめです!

 

くし切りにして、冷凍保存用のポリ袋に入れるだけ。

 

  • 解凍して、レモン汁として料理に使う
  • 解凍して、麺つゆとあわせて、即席ポン酢に
  • レモンサワーにドボンと
  • ビールにドボンと
  • お湯とハチミツと合わせてレモネードに

書き出したらキリがないくらい、色々使えます!

 

そして、冷凍しておけば一年くらいは日持ちします(でも、なるべく早く使ってね)。

 

是非とも、お試しください♪

 

レモン胡椒と柚子胡椒の違いは?

柚子胡椒とは、柚子皮・唐辛子・塩で作られた、辛味調味料です。

 

レモン胡椒とは、ご紹介したとおり、レモン皮・唐辛子・塩で作られた、辛味調味料です。

 

柑橘の皮だけが違いますが、味はまったく違います。

 

どちらも、料理をさっぱりさせてくれるという点では同じです。

 

柚子胡椒と異なる点は、レモン胡椒はレモンの香りと苦味が特徴であるため、淡白な魚介類と特に相性がいいように思います。

 

  • 鯵の塩焼き
  • タラのムニエル
  • タコのカルパッチョ
  • 鮭のホイル焼き
  • 牡蠣料理

これらの魚介レシピには、レモン胡椒の方が相性がいい気がします。

 

もちろん、肉との相性もよく、焼き鳥などの鶏肉料理との相性もいいですよ!

 

 

 

市販のレモン胡椒もある!

 

市販のレモン胡椒もあります。

 

有名なのが、広島・よしの味噌の『発酵れもん胡椒』

 

人気の商品だそうで、私も先日購入しました!

 

薬味として、使い勝手のよい商品です。

 

 

柚子胡椒よりもさわやかなレモン胡椒!食べてみる価値あり!

柚子胡椒と比較すると、レモンの香りと苦味が特徴的な、レモン胡椒。

 

使い勝手もバツグンです!

 

国産のノンワックス、無農薬のレモンが手に入りましたら、是非ともお試しください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)