激ウマすぎる!柚子こしょう焼うどん

この記事の要約

  • 激ウマすぎる、柚子こしょう味の焼うどんのレシピをご紹介!
  • ポイントは、柚子胡椒をしっかり溶かして、最後に加えること!
  • 焼うどんにおすすめな柚子胡椒をご紹介!

 

みてくださり、ありがとうございますー!ゆず胡椒研究家のあおさん(@ZhiZu3)です♪

 

今日は、激ウマすぎる、柚子こしょう焼うどんをご紹介しますー!

 

定番レシピの焼うどんに、柚子胡椒を加えるだけで、香りよし!味よし!な激ウマ焼うどんに大変身します。

 

主食としてはもちろん、夜食やおつまみや簡単ランチにもおすすめです♪

 

それでは、レシピです!

 

激ウマすぎる!柚子こしょう焼うどんの作り方

 

材料(一人分)

茹でうどん1玉 、野菜好きなだけ、 豚こま肉50グラム〜、 ごま油小さじ1〜 、塩胡椒少々 、花かつお

【麺ほぐし用】☆水小さじ2 ☆麺つゆ(3倍濃縮)小さじ1/2

【味付け用】★麺つゆ(3倍濃縮)大さじ1/2〜 ★柚子胡椒小さじ1/2〜

 

【作り方】

①茹でうどんの袋をあけ、耐熱皿に乗せて、600Wの電子レンジで1分加熱します。こうすることで、安い茹で麺がめちゃくちゃもっちりします。

 

注意
電子レンジ加熱対応の袋ではない場合、袋から出して加熱してください。ラップは不要です。

 

②野菜と肉を切っておきます。野菜は、玉ねぎ、ピーマン、にんじん、キャベツを使用しました。もやしや小松菜でもおすすめです。

 

③ほぐし用☆の水+麺つゆを混ぜ、味付け用★の麺つゆ+柚子胡椒を混ぜておきます。

 

MEMO
柚子胡椒はなじみにくいペーストなので、麺つゆなどの液体と混ぜておくことが大事です!

 

④フライパンを火にかけ、ごま油を入れて熱し、中火で肉を炒めます。

 

⑤肉の色が変わったら、硬い野菜たち(ここでは玉ねぎ、にんじん、ピーマン)を投入して、中火で炒めます。

 

⑥硬い野菜たちがしんなりしたら、柔らかい野菜たち(ここではキャベツ)を投入して、中火で炒めます。しんなりしたら、塩胡椒を入れます。

 

⑦うどんとほぐし用の☆を入れ、蓋をして弱火で1分蒸します。こうすることで、うどんが簡単にほぐれます。

 

⑧1分経ったら麺をほぐし、強火にして味付け用の★を入れて、手早く炒めます。

 

お皿に盛り付け、花かつおを散らして、完成です!

 

柚子胡椒の香りが食欲をそそります。

 

柚子胡椒を最後に入れることがポイント!

 

一般的に売られており一番使いやすい青柚子胡椒は、加熱に弱いのが特徴です。

 

加熱をすることで、柚子の香りと唐辛子の辛味がどこかへ飛んでしまい、行方不明になります。

 

最後に加え、強火で手早くなじませることで、柚子の香りと唐辛子の辛味がしっかり残ってくれます。

 

辛いものが苦手な方は、加熱する時間を長くすることで、食べやすくなりますので、加熱時間を工夫していただけたらと思います。

 

激ウマすぎる!柚子こしょう焼うどんのYouTubeはこちら

YouTubeに動画を載せています。

 

YouTubeの分量は、2人分になります。

 

解説もしていますので、ご覧いただけたら嬉しいです。

 

 

激ウマすぎる!柚子こしょう焼うどんにおすすめな柚子胡椒

 

今回は、カルディもへじ柚子こしょうパウチタイプを使いました。

 

瓶入りのもへじゆずこしょうとは違い、

 

  • 柚子皮が多く含まれており、柚子皮の香りが特徴
  • 比較的、あっさりした柚子胡椒
  • パウチ型で使いやすい

 

このような特徴のある、柚子胡椒です。

 

今回のような焼うどんや和風パスタなど、あっさりした料理におすすめな柚子胡椒です。

 

100gで350円程度と、お手頃価格なのも嬉しいですね、

 

他にも、フンドーキン の青ゆずこしょうや川津食品の粒柚子胡椒などもおすすめです。

 

 

 

料理に応じて、柚子胡椒を使い分けると、おいしさが増します。

 

いつか、種類別のおすすめ料理なんかをまとめたいなと思います。

 

定番レシピの焼うどんも柚子胡椒を入れることで激ウマに!

簡単だけど、野菜や肉もしっかりとることができる、焼うどん。

 

味付けに柚子胡椒を加えることで、香りも辛味もアクセントになる、激ウマ焼うどんに大変身します!

 

主食にも、夜食にも、おつまみにもおすすめです。

 

是非とも、お試しください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)