わさび漬けで有名な田丸屋のわさびゆず胡椒はさっぱりおいしい!

お久しぶりに、ブログを更新します。

 

ゆず胡椒研究家のあおさんです。

 

 

先日、普段行かないスーパーへ行き、柚子胡椒を大量購入しました。

 

  

ひとつひとつ、ご紹介していきたいと思います。

 

まずは、田丸屋・わさびゆず胡椒をご紹介します。

 

 

1.静岡・田丸屋といえばわさび漬け

 

静岡の田丸屋といえば、わさび漬けが有名です。

 

私も、用事で静岡へ行ったときには、わさび漬けと蒲鉾のセットをつまみに、新幹線で1杯やります。

 

わさび漬けといえば、ツーンとした香りだけど、口に入れるとまろやか、後味の濃厚さがたまらないです。

 

お酒はもちろん、ごはんもすすみます。

 

 

そんなわさび漬けが有名な田丸屋のわさびゆず胡椒…すごく気になる。

 

興味本位で購入しました。

 

2.田丸屋・わさびゆず胡椒の香りと味

 

爽やかな香りと濃厚だけど後味さっぱりな柚子胡椒

 

 

蓋を開けると、ふわっと香るゆずの香りが最初にきて、鼻にさすツーンとしたわさびの香りが後からきます。

 

 

辛味はわさびだけなのかなと成分表示を見たら、青唐辛子も入っていました。

 

 

原材料名の最初にわさび(静岡県)と記載されているので、静岡産わさびの含有量が多いことは間違いなさそうです。

 

 

早速、試食しました。

 

口に入れた途端ピリッと辛く、濃厚だけど、後味がさっぱりしている。辛味は最後まで持続する。

 

わさびの食感もしっかりあります。

 

けれど、わさびだけの辛味なら最後まで持続しないはず…。

 

なるほど、じんわりした辛味の要因が青唐辛子か。

 

辛味は、味覚ではなく、表在感覚である温痛覚刺激によって感知されます。

 

辛味を大まかに分けると、

 

  • 揮発性(シャープ系)
  • 不揮発性(ホット系)

 

この2種類に分けられます。

 

揮発性は、鼻の粘膜をツーンと刺激するもので、わさびがこれに当たります。

 

不揮発性は、口の中が熱くなるもので、唐辛子がこれに当たります。

 

 

揮発性であるわさびと、不揮発性である唐辛子の辛味の相乗効果で、辛味が最後まで持続するのではないかと思われます。

 

通常の柚子胡椒は、唐辛子を使うため、じんわり辛味がきます。

 

ですので、田丸屋のわさびゆず胡椒は、新感覚ゆず胡椒といっても過言ではありません。

 

 

3.田丸屋・わさびゆず胡椒はお刺身と合わせると最高!

 

わさびゆず胡椒は、わさびの食感を感じることができます。

 

なので、お刺身と合わせると、文句なしでおいしいです。

 

本物のすりおろしわさびってツーンとした強い辛味の後に甘さがくるんですよ。

 

お醤油とわさびゆず胡椒を混ぜると、この現象に近くなるというか、唐辛子の辛味が中和されて甘さを感じます。

 

 

ちなみに、おでんと合わせたときは、おでん自体が温かいためか、鼻にツーンとくる感じは弱まり、最後まで辛味が持続しました。

 

 

合わせる料理によって、辛味は変化しますが、大事なのは味です。

 

わさびゆず胡椒の濃厚だけど後味さっぱり感は、クセになりそうです。

 

唐揚げや天ぷら、脂の多い焼き魚など、色々な料理に合わせやすいと思います。

 

 

4.田丸屋・わさびゆず胡椒はここで買える!

私は、ヤオコーというスーパーで購入しましたが、ネットでも購入できます。

 

 

 

新感覚なわさびゆず胡椒は試す価値あり!

揮発性の辛味であるわさびと、不揮発性の辛味である唐辛子。

 

この2種類の辛味が混在した、新感覚ゆず胡椒が、田丸屋のわさびゆず胡椒です。

 

辛味だけではなく、濃厚だけど後味さっぱりした味わいも、今までに食べたことがないです。

 

おすすめですので、見かけたらお試しください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)