おうち焼き鳥を柚子胡椒と一緒に堪能しましたー!

こんにちはー!ゆず胡椒研究家のあおさんです。

 

緊急事態宣言が発令されていますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

 

私は、自炊も好きですが、外食も大好きでして、

 

特に、焼き鳥が大好物なのです。

 

近隣にテイクアウトをやっているお店がありますが、何にせよ、仕事と最低限の買い物以外は外へ行きたくない…。

 

でも、焼き鳥を食べたい!

 

そんな葛藤の中、

ホットプレートを使った、『おうち焼き鳥』を堪能しました♪

 

おいしくて、焼いている時間も楽しめました♡

 

まだまだ自粛生活が続きますので、おうち時間を楽しくする一つの方法として、参考にしていただけたら嬉しいです♪

 

 

使った材料

実は、絶賛減量中の私(太ったわけでなく、2月から2キロ痩せていまして、あと1.5キロ痩せたいのです)。

 

脂質が多い肉は使いたくない。

 

なので、今回使用する肉は、ささみ(特売品)をチョイスしました。

あとは、特売だったピーマンとエリンギとミニトマト、冷蔵庫に眠っていたウインナーを使いました。

 

 

使った柚子胡椒

今回は、肉と相性がよい、宮崎・かぐらの里『赤ゆずこしょう』を使用しました。

 

↓かぐらの里『赤ゆずこしょう』についての記事はこちら↓

青柚子胡椒も鶏肉との相性が抜群ですが、赤柚子胡椒は鶏肉自体の旨味を存分に引き出してくれます。

 

赤柚子胡椒自体が、完熟した柚子皮と赤とうがらしを使用して作られているので、辛みは強くないです。

 

焼肉とも、相性がよいです!

 

中でも、かぐらの里『赤ゆずこしょう』は、柚子皮と唐辛子の食感を楽しめるという、特徴があります。

 

食感が残ることで、肉の臭みを消し、食べやすくなります。

 

青柚子胡椒にも言えることですが、塩の効果で、タンパク質の旨味を存分に引き出してくれます◎

 

 

 

作り方

ささみを串にぶっ刺し、料理酒と塩少々をふり、少し置いておきます。

 

余ったささみは切って、ミニトマトと交互にさしてみました。

 

ちなみにウインナーも2本だけしかなかったので、ミニトマトと交互にさしてみました。

 

ビーマンとエリンギは、食べやすく切って、串にぶっ刺します。

 

そして、ホットプレートを加熱し、サラダ油をひいて、焼きました。

 

食べた感想とアレンジ例

まずは、塩焼き+赤柚子胡椒

 

文句なしで、おいしいです。

 

塩と料理酒だけの下味なので、生臭いかなと心配していましたが、全く問題なし!

 

赤柚子胡椒の味が、ささみの旨味を引き出してくれます◎

 

 

お次は、とろけるチーズ+赤柚子胡椒

 

塩辛いかな?と予想していましたが、マイルドでめちゃくちゃおいしいです!

 

チーズのおかげで、食べ応えあり◎

 

ささみ、チーズの旨味と、赤柚子胡椒のアクセントとの相性が最高です!

 

 

最後は、マヨネーズ+赤柚子胡椒

 

チーズもそうだったのですが、マヨネーズのまろやかさが最高!

 

赤柚子胡椒自体は、そこまできつい味ではないのですが、辛みがまろやかになり、食べやすくなります◎

 

 

お野菜たちも一緒にいただきます。

 

写真と撮るのを忘れていましたが、ミニトマトを焼くとおいしいのですね!

 

すっかり、ハマってしまいました♡

 

 

使い方に迷う赤柚子胡椒ですが、是非とも焼き鳥と合わせて召し上がってみてください♪

 

そして、自粛生活を少しでも楽しくするために、おうち焼き鳥を是非ともお試しください♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)